MMD杯の史上初一覧

提供: お昼寝Wiki
2012年12月19日 (水) 08:27時点における管理者 (トーク)による版 (ページの作成:「'''MMD杯の史上初一覧'''(MMDはいのしじょうはつのいちらん)は、MMD杯の歴史の中でさまざまな史上初の記録・出来事を集...」)

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

MMD杯の史上初一覧(MMDはいのしじょうはつのいちらん)は、MMD杯の歴史の中でさまざまな史上初の記録・出来事を集約した一覧である。

出来事

ここでは史上初の出来事を記載する。第1回MMD杯は進行・集計その他全てが史上初であるのは自明の理なので予め省く。

第2回MMD杯

第3回MMD杯

  • 予選マイリスト投票終了日から本選投稿開始までの期間が2週間に延長された。
    • ※ 第1回、第2回MMD杯では0日。
  • 初めて以前の杯で使われたテーマが再度使用された。
  • 初めてテーマ数が減少した。

第4回MMD杯

  • MMD史上最も告知動画から予選開催までの期間が短い(28日)。

第5回MMD杯

  • テーマが漢字1文字に統一された。
    • 態妄想祭と覚えた投稿者が多かったらしく、タグロックテーマ番号の誤記が頻発した(正しくは1.変、2.祭、3.想)。
  • MMD杯運営委員会の中の人が完全に入れ替わった。
    • もともと第2回から継続して閉会式後に毎杯解散していたが、続投者0名は初。
  • 選考委員に企業が参加した。
  • 本選マイリスト投票期間が2週間に延長された。
  • MMD杯運営公式ニコニコ動画アカウントが出来た。
    • 第4回までは全て運営メンバー各自の個人マイリス+動画投稿。
  • MMD杯公式生放送が初めて行われた。
  • MMD杯公式コミュニティが出来た。
    • 2010年6月9日開設。

第6回MMD杯

  • 閉会式コメントからMMD公式モデラー・あにまさ、MMD開発者・樋口優のコメントがなくなった。
  • 杯運営内部で公式動画製作者が複数名となり、前杯と交代した[1]
  • ニコニコ動画運営に関わる人物が選考委員に参加した[2]
  • 史上初めて総再生数・総コメント数・総マイリス数が前杯より減少した。
  • 第6回MMD杯閉会式動画の運営コメントにより、運営メンバーで倒れた者が出たことが判明した[3]

第7回MMD杯

  • 公式テーマが6つに増えた。
  • 公式マイリス登録のための投稿動画検知作業が完全自動化した。
詳しくは すごいかもしれないシステム を参照。
  • 初めてメールアドレス登録制を導入した。
  • 外部サイトによるMMD杯専用・公式マイリス閲覧・視聴支援システムが初めて公開された。
  • 告知動画公開前に本選投稿作品が投稿された(非公開投稿・本選開始後公開)。

第8回MMD杯

第9回MMD杯

  • SKSSが廃止された。
  • キリ番賞が制定された。
  • 閉会式動画が分割され、2日にまたがっての公開日程となった。
  • 予選投稿作品が500本を超え、2つめの公式予選マイリストが作成された。
  • Angel-cupが導入された。
  • 公式進行動画の大半が外部発注となった。

受賞記録

この項目「受賞記録」は、まだ書きかけの項目です。気長に待ってたら加筆、訂正されるんじゃねえかと思われます。

数値記録

この項目「数値記録」は、まだ書きかけの項目です。気長に待ってたら加筆、訂正されるんじゃねえかと思われます。

脚注

テンプレート:Reflist
  1. 新鮮味を出すため、およびMMD杯運営業務分担の一環として新規加入の澪姉が動画担当となり、広報担当のcortで役割分担が為された。
  2. Fooさん - ニコニコ大百科。
  3. 第6回MMD杯閉会式動画、動画説明文参照』、MMD杯運営委員会、2011年2月27日、2012年11月20日閲覧。